晃陽学園高等学校

Home > 学校 > 晃陽学園高等学校

東京・吉祥寺の通信制高校【晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センター】


高等学校の関連情報

高等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・武蔵野市、吉祥寺駅徒歩2分の通信制高校、晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センターです。アットホームな環境の中で先生とやりとりしながら、マイペースで高校卒業めざして学習できます。

無理せず高卒認定を取得し、これから自分の可能性を広げていきたいと感じている人は、全くこれからでも遅くないので、東京都内で活躍中の通信制高校を選んでみると良いでしょう。もちろん、物理的に足を運ぶ時間的な余裕を作ることが出来るならそれが1番です。ただ、日ごろから既に働いている人は、時間を作って学校に通うと言うのはなかなかに難しいことだといえます。そういった人は、それこそ東京都内で活躍している通信制高校を利用して、インターネット上からでも勉強できるようにスタンバイしておきましょう。実際に特定の学校を卒業できずに、中卒の状態のままで働いている人は、今の時代では割と多く見かけられます。しかし、学歴社会となりつつある今の世の中では、本当にそれは不利ですし、そのままにしておくのはナンセンスです。だからこそ、少しでも可能性を広げるために、すぐに通った方が良いでしょう。とりあえず、評判の良い学校をチェックするために、経験者の話を参考にすることが肝心です。身近なところで、東京都内の通信制高校を利用して、通い続けた先輩などがいるなら、詳しく話を聞かせてもらうべきだといえます。紹介してもらえるようなチャンスがない場合でも諦めずに、今の時代ならインターネット上から調べることができるので、ネットに目を向けてみると良いでしょう。ネット上の通信制高校に関して、その体験談をブログで書いている人もいますし、ソーシャルネットワークサービスを通して、新しい東京の通信制高校の情報が手に入ることも多々あります。そこで頻繁に名前がチェックできるような有名な学校であれば、カリキュラムが充実している可能性も高いはずです。在籍している講師が優秀で、入学費用も提供してもらうことができるサービスに比べてリーズナブルかどうかチェックしましょう。学校によっては貸付制度も設けているので、入学費用などを支払うことができないなら、一旦借りて勉強に集中するのも、1つの有効的な手段です。
[関連情報:通信制高校 東京