アクイル

Home > ビジネス支援 > アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

国際的な環境マネジメントシステムであるISO14001は、事業での組織をより効率化したり改善できるといった強みがあります。また認証を受けるには一定の審査登録が必要なので、認証そのものが組織の格を高めてくれるという側面もあります。そしてその認証を取得・維持するためには、ISO14001内部監査体制を整えなければなりません。事業ではしばしば計画の後に実行し、それを確認してから更なる改善を目指すPDCAの流れが採用されています。そしてISO14001内部監査はその確認を環境マネジメントの面で行なう形なので、現状維持だけでなく改善も求められます。基本的にはISO14001が規格として設定している内容を組織が満たせているかを客観的に確認するもので、もし不適合があった場合には指摘しなければなりません。具体的なISO14001内部監査の流れは組織によって異なりますが、規格に則しているかを見る点は共通しています。そして規格はあくまでも規格で、組織を改善することが目的です。そんなISO14001内部監査を実施するためにはある程度の知識が必要なので、任命されれば誰でもすぐに始められるというわけではありません。新しく立ち上げたり変更した事業がちゃんと規格に則っているか、緊急時の対策は確立されているかなど、確認すべき点の数は非常に多いです。もちろん規模にも左右されますが、組織側で監査する人員を何人か用意しなければなりません。そのための研修を専門的に行なっている会社も数多くあります。ISO14001内部監査は極論を言えば、ただ実施してしまえば一応は行なったことになってしまいます。監査をする人員の育成も同じで、一応会社での研修を受けさせれば実施できます。しかしそれではISO14001の本来の意味が果たせない可能性が高いです。そのため環境マネジメントに関してしっかりと教育し、組織の改善に繋げてくれるようなところに研修を依頼しなければなりません。
[関連情報:ISO14001内部監査