誠友堂

Home > ビジネス支援 > 誠友堂

事例紹介 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

納税は国民の義務なので逃れることはできません。しかし無駄な納税はしたくはないと考えるのが一般的です。そんな時には節税を実行するとよいでしょう。しかしどういう方法で節税を行うべきなのか、よく分からないということがあります。そんな時にはお金に関するスペシャリストともいえる税理士に相談をしてみるとよいでしょう。税理士であれば、どんなことが節税になってどんなことが脱税になるのか、把握をしています。法律にも関することなので、素人の場合には分からないことがどうしても出てきてしまいます。もしも脱税をしてしまうことになったら、あとから追徴課税されることになり、手続きも面倒なので脱税にならないように注意をする必要があります。納税は基本的に収入に応じて料率が決まっているので、収入金額によっても納税額には個人差があります。収入が多い人の場合には当然納税金額も多くなります。収入が低い場合にはあまり納税をしてしまうと生活が苦しくなるということになってしまいます。ですから収入に応じて料率が定められているということになります。改定されることも頻繁に起こっているので、一定の金額が納税されているというわけではありません。また見込みで納税をしているので、年末調整を行って過不足を調整するということになります。一般的には多めに納税をしているので、年末調整の際にお金が戻ってくるということが多いようです。申告をしなければ戻ってこないという可能性もあるので、申告は正しく行わなければいけません。納税に関する不明点があった場合、社会保険事務所でも相談に応じてくれます。しかし確定申告が近づくころになると社会保険事務所は電話がほとんどつながらない状態になってしまうので疑問点や相談をしたいことがあった場合には繁忙期を避けたほうがよいでしょう。そうすることによって時間をかけて相談にも応じてくれるので、疑問点も解消することができます。
[関連情報:金 節税