アテネ・フランセ

Home > 学校 > アテネ・フランセ

フランス語 会話|アテネフランセ


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語で会話したいならフランス語学校、アテネ・フランセへ。全くの初学者から上級者まで、目的とレベルにあった講座を用意しています。フランス語を学びたい皆様のご登録をお待ちしています。

最近では、フランス語の会話を学習する方法も多彩化しています。自宅のパソコンで、フランス語で会話する事も可能だからです。どうやって話すかと言うと、オンラインスクールです。具体的には、自宅パソコンでオンラインスクールにアクセスします。それでWeb接続して、両者がチャットで会話できる状態にする訳です。必要に応じて、WEBカメラも設置しておきます。もちろんマイクやスピーカーで、フランス語で話す事になります。オンラインスクールのメリットは、わざわざ学校まで足を運ぶ必要はありません。自宅でも学べるのは、オンラインスクールの魅力の1つです。しかも夜間でも学ぶ事ができますから、多くの方々はオンラインスクールを活用しています。ところが、オンラインスクールにはデメリットもあります。その1つは講師の予約です。オンラインスクールの場合は、講師を洗濯できるようになっていて、まずは予約を取る訳です。ところがオンラインスクールによっては、なかなか予約が取れません。大人気の講師は、簡単には予約が取れない傾向があります。それよりは、むしろ通学型のスクールがおすすめです。確かに通学型の場合は、スクールまで足を運ぶ手間はあります。しかしオンラインスクールと違って、わざわざ講師の予約をする必要はありません。基本的には、自分が希望するコースで学ぶ事ができます。またオンラインスクールの場合は、どうしても自己管理が必要です。オンラインの場合は、何かカリキュラムが組まれる訳ではありません。短時間でのレッスンになってしまう事が多く、フランス語の会話を学ぶスケジュールも、自己管理する必要があります。それに対して通学型のスクールの場合は、カリキュラムが組まれているケースも多いです。かえってスクールがスケジュールを組んでくれる方が、効率良く学べるケースも多いです。ですから多くの方々は、オンラインというより通勤型のスクールで学んでいる傾向があります。

注目キーワード

フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......
ラジオフランス語講座
NHKラジオ第2放送で放送されているフランス語の講座。 放送時間は月曜から土曜の午前7:25〜7:45、再放送が同日の午後1:20〜1:40。 月曜から木曜が入門編で、初級者を対象としつつも、上級者にも役立つ内容と...
[関連情報:フランス語 会話