ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス業 > ジャパンドッグアカデミー

【受講生・卒業生たちの声】ドッグトレーナー・ドッグセラピスト専門学校 ジャパンドッグアカデミー


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナー・ドッグセラピストを目指すならJDA。こちらのページでは、実際にドッグセラピスト・トレーナーとなった卒業生の声と共にJDAが選ばれる理由を説明しています。

ドッグセラピストは、アロマテラピーやマッサージなどの専門的なスキルが必要となり、業界内で信頼度の高い資格を取得するうえで、学校に通ったり通信教育を受けたりすることが大切です。また、犬の健康状態やストレスの有無について正しく判断をするには、ある程度の経験が必要となるため、一人前のプロとして成長をすることができる店舗で働くことがおすすめです。最近では、各地のペットショップにおいてドッグセラピストの求人募集を行うところが増えており、なるべく将来につながる業務を任せてもらえるところや、新人研修の内容が充実しているところを職場に選ぶと良いでしょう。また、ドッグセラピストに必要な資質や適性については、素人にとって把握しにくいところも多いため、日頃から各地で開かれるセミナーに参加をしたり、同業者と意見交換をしたりすることが大切です。大手のペットショップにおいては、ドッグセラピストだけでなく販売員やブリーダーなどの募集も行われることがあります。そのため、近い将来に犬の飼育に関わる仕事に就きたい場合には、日頃から興味のある店舗の求人募集の状況をチェックしておきましょう。ドッグセラピストを養成する専門学校においては、高校生や社会人を対象に入学説明会やオープンキャンパスなどのイベントを実施するところもあり、担当の教員に学生生活や資格取得の方法など色々な相談をすることが可能です。そこで、卒業後にドッグセラピストとして活躍の場を広げたい場合には、業界内で実績のある学校法人が運営する専門学校に入学をするのはもちろん、在学中からインターンや実習などの機会を利用して、複数のペットショップの特徴を比較してみることが大事です。その他、ドッグセラピストの役割や将来性については、若者にとって理解しにくいところがたくさんありますが、求職活動を通じて優秀なスタッフが多く在籍しているペットショップを見つけることが大事です。

注目キーワード

盲導犬
視覚障害者の生活を補助する犬。 犬の種類はラブラドールが一般的。 関連語 いぬ
警察犬
警察が犯罪の捜査、遭難者の捜索などに使う犬。 シェパードが多い。
[関連情報:ドッグセラピスト