JAPANDOGACADEMY

Home > サービス業 > JAPANDOGACADEMY

ドッグトレーナースクールは専門学校の『ジャパンドッグアカデミー』


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ドッグトレーナースクール、専門学校ジャパンドッグアカデミー。ドッグトレーナーやドッグセラピストを目指す人へのカリキュラムが充実、ドックスペシャリストを養成する専門学校です。無料学校見学・説明会も実施中!ぜひお越しください。

ドッグトレーナーは、家で飼われている犬のトレーニングや指導を行なう仕事です。 トレーナーは訓練をする人という意味合いで、犬と人が生活を行なううえでどうしても必要なトイレや散歩といったしつけを行ないます。 主な仕事は大きく分けると2種類見受けられます。 1つは仔犬と人がスムーズに生活ができるように、ベーシックなトイレのしつけや散歩の手法、食事ルールなどをレクチャーする仕事です。 2つめは年齢を問わず、なにかしらの問題行動が見られる犬の訓練です。 吠え癖、あるいは噛み癖、命令にしたがわない等の問題を持っている犬に対し、飼主に代わり専門家の立場から訓練を行ないます。 さらに飼い主に対する指導があります。 ドッグトレーナーになるためには、トレーナーの養成スクールや専門スクールに通学して学習する方法、通信講座を活用して家で学習する方法があります。 今現在国内ではドッグトレーナーを目指すために、絶対にドッグトレーナーの資格がいることではありません。 と雖も飼主の価値のある愛犬を預かってトレーニングをするわけですから、専門的な知識やテクニックが重要なのはいうまでもありません。 プロフェショナルとして業務につくためには、犬の実情や特色、栄養学それから、病気の知識、マナー訓練のテクニックなどを会得することが重要になります。 そうした専門的な知識やテクニックを自分のものにするためには、専門のスクールや通信講座を活用することによってトレーニングし、資格を取るのが効果的な方法です。 通学して会得する場合は、それなりのコストと期間が必要ですが専門的な知識やスキルを学ぶことができます。一緒になって学習する知人ができたり、教師からダイレクトに実技指導が受けられることはメリットです。 一方通信講座で学習する場合は、家にいながらにして専門的な知識やテクニックを学習できるので、学校が近くに存在しなかったり、仕事や育児を行いながら学びたいという人にピッタリです。

注目キーワード

犬種
 長期にわたって人類のもっとも忠実なパートナーとなってきたイヌたちに手を加え、人から見て有用な形質を持つイヌに改変していき、そして�犬泙譴燭里� 犬種である。
盲導犬
視覚障害者の生活を補助する犬。 犬の種類はラブラドールが一般的。 関連語 いぬ
[関連情報:ドッグトレーナー スクール