アライブレンタル合同会社

Home > 娯楽 > アライブレンタル合同会社

楽器レンタルチーム アライヴ|音響機材を東京近郊で安く借りるなら


楽器の関連情報

楽器(がっき、英: musical instrument)とは一般的には「音楽の素材としての音を発するための道具の総称」「音楽に使用される音を出す器具」とされる。DTMの普及以降は生楽器以外にもソフトシンセを多用し音数が多くなることから、歌詞カードのクレジットにおいて、All Other Instruments(その他全ての楽器)、All Instruments(全ての楽器)、Other Instruments(その他の楽器)といった表記も見られる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

楽器レンタルサービス、東京のアライブ楽器レンタルチームです。その他PA・音響機器も各種取り扱っております。学園祭でのライブや披露宴、パーティーやセミナーなど運搬からセッティングまでお任せください。

楽器を一旦買いますと、たまにサイズで悩んでしまう事があります。せっかく買った楽器なのに、新調が検討されるケースも少なくありません。例えばあるお店にて、とてもおしゃれなバイオリンを見つけたとします。使い勝手も良さそうなので、とりあえずそのお店のバイオリンを買いました。ところが何回かバイオリンを奏でてみると、サイズが自分に合わない事に気が付きました。奏でるのは不可能ではありませんが、自分にとっては少々小さいバイオリンです。だんだん使いづらくなってきたので、新調が検討される場合があります。それを考慮すると、楽器のレンタルというサービスのメリットは大きいです。レンタルというサービスなら、楽器は交換できるからです。借りるサービスの場合は、基本的には物を選ぶ事はできます。様々な物を使い比べてみて、自分に合う物を探す事も可能です。しかも別の物に変えたからと言って、追加料金が徴収される訳ではありません。ですから上述のようにバイオリンが少々小さい時には、レンタル業者に連絡すると、たいてい交換に応じてくれます。ちなみに大きめなバイオリンを借りたとしても、追加料金が発生する訳ではありません。月額料金だけで、何回も交換できる訳です。バイオリンを買うという手段ですと、交換するハードルは若干高くなります。サイズが少々小さい場合は、改めて大きなバイオリンを買う事になってしまう訳です。そしてバイオリンは、値段も比較的高めです。楽器によっては、10万円を超えてしまう場合があります。出費も高く付いてしまう訳です。それに対して借りるサービスの場合は、わざわざ別途で料金を支払う必要もありませんし、手軽に交換できます。ですからバイオリンを使い比べる事もできます。色々なバイオリンを借りてみて、自分に合うサイズが見つかるまでは何回も交換できる訳です。楽器を「簡単に交換可能」な点は、レンタルというサービスの強みの1つです。

注目キーワード

打楽器
叩く・打つ・振るなどのことによって音を鳴らす楽器の総称。パーカッション。 *例 -スネアドラム(小太鼓) -バスドラム(大太鼓) -シンバル -ティンパニ -コンガ -ボンゴ -ティンバレス -シロフォン(木琴) -マリンバ ...
島村楽器
全国展開を行う楽器店。楽器販売、音楽教室運営を行っている。 [http://www.shimamura.co.jp/index2.html:image]
[関連情報:楽器 レンタル