横浜コンパス

Home > ハウス > 横浜コンパス

貸事務所・貸店舗は横浜コンパス|テナント専門で10年超の情報力と提案力


賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜・みなとみらいの貸事務所・貸店舗をお探しなら横浜本社でテナント専門10年の情報力と提案力のスマートコンパスにお任せ下さい。人気のみなとみらいは【仲介手数料無料】物件も多数。物件探しから内装工事・お引越しまで私たちの専門知識をご活用下さい。

みなとみらいはここ10~15年ほどの間に開発が急速に進んでイメージが一変しました。観光だけでなくビジネスの拠点としてもにぎわうようになり、大規模な商業施設から店舗、事務所などが進出しています。新たなビジネスをここからはじめるケースも多く、そんな企業を受け入れる貸事務所も多数あります。それだけに起業や移転によってみなとみらいエリアで貸事務所を探す場合にはいくつかの選択肢やポイントが出てきます。 たくさんの人が訪れ、多くの企業が進出しているエリアですから、そこで事務所を構えるだけでもかなりのステータスとなります。ですから貸事務所を選ぶ際には思い切って観光名所やオフィス街など一等地に借りるという選択肢もありでしょう。起業する場合には「どんな会社なんだろう」と注目を集めること間違いなしですし、移転の場合なら「このエリアに移転するなんて出世したな」とやはり注目を集めることができるでしょう。もちろんその分賃料が高くなりますが、現代ビジネスにおいて不可欠といわれる付加価値をつけられるメリットはコストの高さを補って余りあります。このエリアで貸事務所を探す場合には賃料や月々のコストだけでなくこうした点も検討したうえで情報収集を行っていきましょう。 立地条件も大事なポイントです。多くの人が訪れるエリアですが、人の流れがかなり多様化しているという特徴も備えています。東京や横浜駅周辺に比べて鉄道の駅が必ずしも中心エリアとなっておらず、バスが重要な移動手段となっている部分もあります。ですから貸事務所を探す際には地図を見ながら周囲の観光名所やバス路線などをチェックしたうえで検討していく必要があります。駅から遠いからといって必ずしも不便ではなく、訪れる人が少ないとは限らないのです。この点は賃料とも関わってくる点なので非常に重要です。うまくいけば駅から遠いという理由で賃料が安く設定されているけれどもじつは非常に立地条件に恵まれたお得な物件を見つけることもできるでしょう。 このようなみなとみらいでの貸事務所選びは少し難しい部分もあるだけに地元の不動産会社、とくにビジネス用の不動産を多く手がけているところに相談するのが一番の近道です。

注目キーワード

短期賃貸借契約
金融機関などが担保物件として抵当権を設定した不動産を借りるときに行う3年以内(家屋の場合。土地は5年以内)の賃貸借契約。その不動産が競売で落札され明け渡しを求められると、通常は落札者に所有権が移転してか......
賃貸借契約
*民法601条による定義 「当事者の一方(貸主)が相手方(賃借人)に、ある物の使用収益をさせることを約し、賃借人がこれに賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」有償契約のこと。 *関連キー...