fleston

Home > ビジネス支援 > fleston

商品撮影・EC撮影・物撮り 株式会社fleston (フレストン)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商品撮影なら株式会社flestonにお任せ下さい。EC撮影の経験が豊富なプロカメラマンによる各種撮影にご対応が可能致します。商品撮影 ではアパレル撮影やアクセサリー・雑貨など幅広く 低価格で ご対応が可能でございます。EC事業者様 個人様 商品撮影のご相談はフレストンまで!

私は現在、雑誌掲載するための商品撮影をする担当になった。 私はこれまでにカメラマンの経験は全くない。 しかし我が社にはカメラマンは在籍しておらず、 プロのカメラマンを雇うような予算はないのだ。 発行する雑誌では、巷で売られている雑貨で、オシャレなものや可愛らしいものを紹介する。 それぞれの商品には売っているショップの情報が掲載されているので、欲しい読者はショップに直接、問い合わせて購入することが出来るのだ。 この商品撮影では被写体をいかに良く見えるように写せるかが重要だ。 まず気を付けなければならないことが、その被写体の色合いを出来るだけ忠実に再現することだ。 そのためにいちばん気を使うのが照明の当て方ではないかと思う。 上下左右と奥を壁で囲った専用の撮影ボックスで撮影する。 後方の上から垂れ幕を降ろせる仕組みになっている。 被写体の色合いや雰囲気に合わせて垂れ幕の色を変えることができる。 そして左右の上方に設置された照明を当てることにより、被写体を明るく照らし出す。 左右から照明を当てることにより光の反射を無くす効果があるのだ。 そしてもう一つ商品撮影の際に重要なことは何かを添えることだ。 商品をただポツンと写してもつまらない。 その商品に関連のあるものを一緒に写すことによって、 読者がその商品を使う時のイメージが湧きやすいのだ。 あるいはちょっとした花やリボンなどを添えるだけでも商品に暖かみが生まれる。 商品撮影の時にはこの様な少しの工夫を常に考えておく必要がある。 商品撮影のカメラマンは自分の腕次第で、その商品の売れ行きを左右するので責任重大だがやり甲斐もある。 最近のカメラは撮影する人間に撮影技術の腕が無くても、 カメラ自体の性能でかなり上手に撮影できるようになっている。 だから後は撮影者のセンスだけということだろう。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
[関連情報:商品撮影