株式会社シグマテック

Home > サービス業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

ここは2030年の国際宇宙ステーションの隔離ルームである。 山本純也がなぜこの隔離ルームに入っているのか、話は今から5日前に遡る。 国際宇宙ステーションは毎年、新たに増設されることにより、 その床面積は2016年当時の約32倍にまで広がり、現在、約200人の人間が常時、滞在出来るようになっている。 アメリカ、ロシア、日本、中国、インドなど全部で12ヶ国から研究チームが派遣されている。 山本は日本研究チームのサブリーダーである。 山本は宇宙ステーションに派遣されてから今日ですでに58日目になる。 主にステーション外での外壁やソーラーパネルなどの保守業務を担当している。 宇宙空間では俗に宇宙ゴミと呼ばれる浮遊物が多数流れており、 それらが宇宙ステーションに時々衝突しているため、 その衝突部分から大きな被害が出ないように常にチェックして整備しておく必要があるのだ。 山本はこの日、やけに体が重く、めまいや吐き気を感じていた。 ここに来た当初はいわゆる宇宙酔いと言われる症状が多少は出たことはあったが、 今日のように体に著しい不調を感じることはなかった。 取り敢えずドクターの診察を受けることにした。 血液検査の結果、地球上には無い謎の細菌が検出されたのだ。 宇宙では風邪を引くことは無いと言われているが、未知の病原菌は存在するはずなのだ。 人間の体は元来、地球上の重力や気候に適応するように造られている。 その人間が長期間に渡り宇宙空間で生活することは多少なりとも無理はあるはずだ。 そのような訳で山本は隔離ルームに入っており、彼から検出された細菌を研究ルームに設置している培養装置で細菌培養をしているのだ。 現在、宇宙ステーションの医療チームが、培養された細菌からワクチンを作ることに全力を上げている。 いずれ地球以外の他の惑星に人類が大移動する際にも必ず宇宙空間生活用のワクチンが必要になるのである

注目キーワード

野戦病院
戦場に置かれる病院。
大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
[関連情報:培養装置メーカー