株式会社シグマテック

Home > サービス業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

貴社、貴店でオリジナルの記念品や商品を制作したいと思ったことはございませんでしょうか。 例えば、価格も比較的安価に済み、何枚あっても困らないハンカチなどはいかがでしょうか。 ここでは記念品として、また貴店だけのオリジナル商品として販売できるオリジナル・デザインのハンカチを製造する場合の基本的な流れをご紹介したいと思います。 最初の準備段階として、ご希望の仕様に合う生地をお選びいただき、それを事前に生地目のチェックを行います。 この時点でオーバーロックミシンを用いて、生地をつなぐ作業をしておきます。 次に「調液」です。 染料を混ぜ合わせて作りたい色合いを出していく作業になります。 これは染料タンクで作成してまいります。 量産用自動調液CCK(コンピュータ・カラー・キッチン)を使用しますと4kg~50kgまでの色糊を作成することができます。 自動制御で希望通りの色合いの染料を作ることができますが、 もっとも重要な過程になりますので、本番の前に一度、試し刷りを行い、 蒸し、洗いの工程をしてから実際の仕上がりを慎重にチェックします。 製品の品質を大切に考えていますので、より細かな色合いの確認を怠ることはございません。 そしていよいよ「印刷」です。 印刷は柄デザインなどによりいくつかの方法がございます。 昔ながらの「フラットスクリーンプリント」では職人さんが細かな微調整などを目で見て確認してから、自動で機会によるプリントを開始します。 「デジタルプリント」では、データ処理されているデザインをインクジェット印刷により生地にプリントしていきます。 この方法ならではの細かな表現が可能です。 写真などの画像もよりきれいに印刷が可能です。 そして「仕上げ」です。 プリントされた生地を高温のスチーマーにより蒸して染料自体を生地に定着させます。 その後、生地の余分な染料と糊を洗い落とし、十分に乾燥させれば出来上がりです。

注目キーワード

ライブドアリサイクル
2004/11/10サービスイン 不要になった本やCD・DVDをダンボールに入れて 申し込むと集荷に来てくれるサービス 現在十冊以上で送料無料 支払いはメルマネか郵貯・livedoorポイントで受け取りが可能 →livedoorリサイク...
家電リサイクル法
エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機等をリサイクルする為、捨てる時に費用がかかる法制度。 正式には、特定家庭用機器再商品化法。 小売業者、製造業者等による家電製品等の廃棄物の収集、再商品化等に関し、これ...
[関連情報:調液