Amber Corporation

Home > ハウス > Amber Corporation

マンション・ワンルーム等の買取は東京の【アンバーコーポレーション】


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

マンション買取なら東京を中心とした関東近県に対応しているアンバーコーポレーションにお任せください。ワンルームからファミリータイプまで、様々なマンションの買取を行っています。設備も古く、汚れて荷物も多く、仲介では売却しづらいマンションもお任せください。

以前、資産家の娘さんがいたのですが、ご主人の家族がいろいろな事をしてしまったために1億円の借金を背負う事になったという話がありました。そういった事で借金返済するために、資産を売りに出したと言います。 資産家とはいえ、お金はほとんど残っていなかったそう。それはそうですよね、返済に回したことになります。 残っていたのはほとんど不動産だったそうです。そうすると、不動産を売りに出すしかないです。一戸建てやマンション、ビルは多くありました。そのほとんどを売り払ったのですが、一番いい値になったのが、ワンルームマンションだったそうです。 ビルごともっていたものはもちろん、個々に持っていたものは思っていたものより高く売れたそうです。売れたと言っても、買った時よりも大幅に下がってはいるのですが、それでも一番売値がよかったそうです。 ワンルームは、学生や一人暮らし社会人が利用する物件なので、不動産も買取でほしいというのが多いです。鉄筋コンクリートの物件であれば、メンテナンスさえすれば、何10年も生きる物件です。耐震工事や補修は必要かもしれませんが、それでもそれなりの値段で買取ができればプラスになる物件なのだそうです。もしその1億の借金がなければ、自分たちで営業をして、貸す事でお金になったと思いますが、そうはいきませんよね。 でもワンルームがそこまで価値があるとは思わず、なかなか面白い話だと思いました。 これから未来的な街で、今はそんなに値が悪いマンションを購入しても、将来土地価値があがれば、いくらでも借りてがいるという事ですね。学校や都内に近い首都圏であれば、需要がいるという事になります。これからの事を考えて、そうやって不動産をやってみる価値はあります。 結局その資産家の娘さんはどうなったのかというと、1億円返せたのだそうです。 やっぱり資産家だったのでは。

注目キーワード

東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...
三井不動産
英文表記:Mitsui Fudosan Co., Ltd. 証券コード:8801 東京都中央区日本橋室町 三井本館に本社をおく、総合不動産会社。 ビル賃貸業が主力だが、グループ会社などによりマンション分譲業ならびに不動産仲介業「三井...
[関連情報:ワンルーム 買取