ANPINTERIOR DESIGN

Home > ライフ > ANPINTERIOR DESIGN

オーダー家具 | 東京 | ANP interior design アンプインテリアデザイン


家具の関連情報

家具(かぐ)は、家財道具のうち家の中に据え置いて利用する比較的大型の道具類、または元々家に作り付けられている比較的大型の道具類をさす。なお、日本の建築基準法上での作り付け家具は建築確認及び完了検査の対象となるが、後から置かれるものについては対象外である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

無垢の木でつくるオーダー家具なら東京都世田谷区の【アンプインテリアデザイン】無垢材でつくる特注家具、自然素材を使用したリノベーションなど、心と身体に優しい空間づくりを提案するインテリアデザイン事務所です。 東京都世田谷区でデザイン・設計を行い、北海道旭川の工場でオーダー家具の製作をしております。

東京とは名ばかりの田舎町の片隅で、古民家を再建して人を呼び込もうとする動きがある。数軒残っていた空家を都心部から移住してきた家族が宿泊の出来る食事処へと改装したのが始まりだった。夫婦が「昔から、こんなところに住むのが夢だった」と語るのを聞いた住民は、内心疑心暗鬼だった。周囲にあるのは山や川、そして数軒程度の古家が散在するだけのこの地で商売が成り立つとは考えていなかったからだ。 その家族は度々この地を訪れては、古家の掃除や周辺の散策に余念がないようだった。その古家の裏に連なる山林に手を入れるという条件で、山からの恵みであるキノコ類や山菜を収穫して使用する許可を取っているようだった。周辺に残っていた数少ない家へ挨拶にも出向き、耐震補強が済む頃にはすっかりその村人たちと顔なじみになっていたのだ。 「都心にも適度な距離で、これだけ別の世界を味わえる地はそうそうありませんよ。それに、ここの星空の美しいことと言ったら!」古家の改修が済んでこの地に定住を始めた頃、彼らはそう語っていたという。「大きな掘りごたつはそのまま利用したい」と、朽ちていたテーブルだけはオーダー家具であつらえるようだった。そうこうするうちに近隣に温泉が出て、村が温泉の経営に乗り出すことになる。もっとも実際に経営にあたったのは、村が招聘した民間企業だった。 こうして村外からの集客が見込めるようになった頃、山を活かしてアスレチックコースを創りたいという業者が現れた。自然環境を最大限現在のまま生かすという条件付きで、村や村人たちはそれを受け入れた。その頃には、皆気づいていたのだ。自分たちが何を持っていたのかを。オーダー家具を注文した最初の移住者であるあの家族は、村人たちから「福の神」と陰で呼ばれていた。そして彼の食事処の大きな掘りごたつは、宿泊客や村人たちが集まる憩いの場となったのだ。

注目キーワード

家具買取
家に備えつけ、日常使用する道具類。たんす・机・いすなどを買取サービス
李朝家具
李氏朝鮮王朝家具を略式化した呼び方で、 この華やかな時代の文化・芸術から生まれた
[関連情報:オーダー家具