Renotta

Home > ハウス > Renotta

大阪で空室対策ならリノベーションブランド【リノッタ】


リノベーションの関連情報

リノベーションとは、 リフォームと比べて大規模な建物の改修のこと。本項で詳述する。 英語のrenovationは建物の改修のこと。英語でreformは改宗、心を入れ替えるという意味で建物の改修の意味には使われない。リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。
※テキストはWikipedia より引用しています。

空室対策なら大阪の㈱さんらいずへ。不動産賃貸管理業務30年以上の実績・ノウハウと、株式会社クラスコが開発したリノベーションブランド「Renotta」で、平均25日の空室解消実績。満室経営の喜びを大阪のオーナー様へ。

大阪には賃貸物件が沢山ありますが、その2割の部屋は埋まらず空室になっています。 入居者が決まらないと困るので皆さんなんらかの空室対策をしていると思いますが、安易に家賃を下げる前に色々考えておきたいことがあります。 家賃を下げるというのは新しく投資をせずに入居者が決まる可能性をあげる空室対策だと思いますが、少し資金を投じても長い目で見ると有効な空室対策も多くあるのです。 例えば築年数が古い部屋などは間取りも古く今流行らない2kタイプの部屋が多いのですが、思い切ってそれを1LDKにリノベーションすることによって今の入居者が好むような部屋になったりします。 間取りを変えるというのはかなり入居者を惹きつけるもので、細かく部屋を区切るより開放的で使いやすい部屋にすると見た目の印象が大きく変わります。 昭和の雰囲気が漂う部屋を「今風に」「お洒落に」するだけで入居者がすぐ決まったりするのです。 リフォームはそこそこにまとまった資金がかかりますが、例えば和室を洋室に変える時も前面フローリングにするのは高額で躊躇してしまったりする方も多いと思います。 ですが、今は一見フローリングに見える安いクッションフロアもありますし、畳や絨毯より掃除しやすくお洒落なフローリングを皆好みますので、このようなフローリング調のクッションフロアに変えるのも一つの手です。 また、マンションやアパート一棟お持ちのオーナーさんはエントランスや外観をリフォームすることによって内見に来る数が大きく変わったりもします。 入居者は不動産で多くの物件の間取り図を見比べてどこに内見に行くかを考えるので、まずこの段階で足を運んでもらわないと契約が決まることはありません。 間取り図の段階で何か入居者を惹きつけるポイントを作っておくのが空室対策としては有効だと思います。

注目キーワード

リノベーション住宅推進協議会
リノベーションマンション
renovation mansion ( 中古マンション を改造) 老朽化した既存の建物に大規模な改修工事を行い、初期の性能以上に付加価値をつけたマンションのこと。和製英語。
[関連情報:空室対策 大阪